無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

235
2020/08/26

第5話

.*・゚🏫.゚・*.
―放課後―

奈子
奈子
今日びっくりしたねー
(なまえ)
あなた
うん、もうやばかった
2人は話しながらサッカー部の練習を見に行ってた
女子(ファン)
女子(ファン)
ねぇねぇあの子達じゃなーい
女子(ファン)
女子(ファン)
ほんとだー、すごいよね話しかけられるなんて
周りからはそんな声が聞こえてくる


※ファンの子達はうるさいけど、優しくていじめみたいなのもしない子達です
(なまえ)
あなた
結構見られてるね笑
奈子
奈子
ね笑
いつも練習を見ている所に着くと、
亜嵐
亜嵐
あ、来た来た!
(なまえ)/奈子
あなた/奈子
こんにちは!
亜嵐
亜嵐
てか、涼太なんか話せよ笑
涼太
涼太
は?だって話す事ないし
亜嵐
亜嵐
もー冷たいなー
涼太
涼太
別に冷たくねーし
亜嵐
亜嵐
笑笑
亜嵐
亜嵐
あ、そうだ。ねぇ今日って2人とも最後まで見て行くの?
(なまえ)
あなた
はい、そうです!
亜嵐
亜嵐
じゃあ一緒に帰ろうよ!
(なまえ)/奈子
あなた/奈子
え、えぇー!
亜嵐
亜嵐
はい、決まりねー
じゃあ部活終わり正門で待ってて!
そう言うと、2人は返事を聞かずに練習に行った
奈子
奈子
やばいねー、、
(なまえ)
あなた
うん、、今から緊張してきた笑
奈子
奈子
笑笑 ま、とりあえず見よ!
(なまえ)
あなた
そうだね!
2時間後…

練習が終わり、あなたと奈子は正門へ行った