無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

245
2020/08/25

第4話

.*・゚🏫.゚・*.
奈子とあなたは家が隣で幼なじみです
奈子
奈子
おはよーう!
(なまえ)
あなた
おっはよー!
             ━━━━━━━学校━━━━━━━━


学校に着いたら廊下で女子達が騒いでた
(なまえ)
あなた
なんか廊下うるさいねー
奈子
奈子
それなー
廊下を覗いてみると亜嵐くんと涼太くんがこちら側に歩いてくる

どんどん距離は縮まり、ついに目の前に来た
亜嵐
亜嵐
ねーねー
(なまえ)/奈子
あなた/奈子
え?うちら?
(なまえ)
あなた
何ですか?
涼太
涼太
これ、昨日落ちてたんだけど
涼太くんが差し出したのはハンカチだった
(なまえ)
あなた
あ、これ私の
奈子
奈子
なんであなたのだって分かったんですか?
涼太
涼太
だって昨日お前らがいたとこに落ちてたから
(なまえ)
あなた
そうなんですね!ありがとうございます!
亜嵐
亜嵐
てかなんで敬語?同い年じゃん
(なまえ)
あなた
いや、なんかお2人はみんなから人気だし、話した事ないから敬語っていう感じです…
亜嵐
亜嵐
じゃあこれからも沢山話そうよ!
(なまえ)/奈子
あなた/奈子
え!?
涼太
涼太
そんな驚くことかよ
亜嵐
亜嵐
じゃ、今日の練習来るの待ってるからね!
そう言って2人は去っていった
奈子
奈子
え?どういう事?なんでこうなったの?
(なまえ)
あなた
分かんない…
2人はびっくりしてるし、話を聞いてた女子(ファン)達もざわざわしていた