無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

🐤
ある日の診察室
doctor
パク・ジミンさん、
明日からは車椅子ではなくて、
松葉杖でも全然平気ですよ
ジミン
ジミン
本当ですか?
doctor
はい、本当ですよ😊
退院は...あと2ヶ月後ぐらいですかね
ジミン
ジミン
ありがとうございました
doctor
お大事にしてください

🚪ガラガラガラガラ

────

診察室を出て、自分の病室に向かっていたら、

受付のところにユンギ先生発見
ユンギ先生
ユンギ先生
お、ジミン
ジミン
ジミン
こんにちは、先生!
お見舞いですか?
ユンギ先生
ユンギ先生
そうそう。
妹の見舞いついでに、お前のも
ジミン
ジミン
いや、ひどくないですか?w
ユンギ先生
ユンギ先生
一応来てやったんだから、
ありがたいと思えw
You
You
오빠ぁぁぁぁぁ!
ジミン
ジミン
ん?
ユンギ先生
ユンギ先生
お、あなた!

ユンギ先生のヨドンセンって、あなただったの?!