無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

🐤
1時間ぐらい病院に居て、

テヒョナとグガはあなたと仲良くなっていた
ジミン
ジミン
じゃあね
You
You
うん!バイバイ!
今度来た時はきちんと歩けるようにする
テヒョン
テヒョン
バイバイ
グク
グク
バイバイ

手を振っているあなたを背に、僕達は病室を出た

────
グク
グク
あなたさんいい子でしたね!
テヒョン
テヒョン
テヒョンが言ってた、
「リハビリ頑張ってる人」って、
あなたのことだったの?
ジミン
ジミン
そうだよ
あなたが一生懸命頑張ってるのを見て、
僕も一緒に頑張りたいって思った
テヒョン
テヒョン
(´-ω-`)ふーん.....
ユンギ先生
ユンギ先生
お、お前ら来てたのか?
グク
グク
ユンギ先生、こんにちは〜
先生シスコンなんですね?😁
ユンギ先生
ユンギ先生
は!?/////
違うし!
テヒョン
テヒョン
ここの全員知ってますよ〜
ユンギ先生
ユンギ先生
ジミン、言ったのか?
ジミン
ジミン
いや、僕は言いましたけど、
あなたもさっき言ってましたよ笑
ユンギ先生
ユンギ先生
あなたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

🏃〜
グク
グク
珍しく走ってますね
nurse
院内は走らないでください
ユンギ先生
ユンギ先生
あ、すみません
テヒョン
テヒョン
で、注意されてる
ジミン
ジミン
ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)あははは
nurse
ジミンくん、
ちょっと静かにしようか
ジミン
ジミン
すみません

⏫結局お前もかい