無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

🐤
🔊プープープープー(クラクション)
ジミン
ジミン
え、

僕は死んでしまうことを覚悟した

その時に腕を掴まれ、横断歩道の向かいに着いた
ジミン
ジミン
あなた!?
You
You
ハァハァハァハァ...
ジミンくん、大丈夫?
怪我とかしてない?
ジミン
ジミン
大丈夫だけど、あなたは平気なの?
You
You
ハァハァハァハァ...
大丈夫大丈夫😊
久々に走ったから、息切れ激しくて

でもあなたの呼吸はドンドン早くなるばかり

落ち着くどころではなくなっている
You
You
...ウッ(> <;)

そして急に胸を押さえ、倒れてしまった
ジミン
ジミン
あなたッ!
グク
グク
先輩ッ!
テヒョン
テヒョン
あなたッ!

他の2人も走って来た
ジミン
ジミン
救急車呼ばなきゃ!

僕は救急車を呼び、

その間に2人はあなたに心臓マッサージしていた