無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

こんばんは。
クラッキー・麻衣
こんばんは!
樹里
こんばんは!
こんばんは…

今日は何よ?勉強したの?
クラッキー・麻衣
ちゃんと、勉強しました。

今日休みだったので。
ならいいけど。
樹里
で、今日はどうしたの?
クラッキー・麻衣
うんと、新しい小説 二次小説書こうと思って。
全然書けてないやつもあるのに?


私の小説はどうするの?
クラッキー・麻衣
運命ーさだめーも書くよ。

でも、思い付かないというか

相手が忙しいのか、中々追い付いてくれなくて…
相手のせいにしない。
クラッキー・麻衣
うん。ごめん。
じゃぁ、あの、部活動恋愛だっけ?
樹里
違う違う。

部活動恋愛修行中でしょ
そうそう。それそれ。

それを削除か、休止にして。

それだったらいいよ。
クラッキー・麻衣
わかった。そっち休止にしてみる。

全然投稿できてないし。
樹里
ところで?何を投稿するの?
クラッキー・麻衣
コナン小説。


プリ画で投稿してた

「和葉と記憶と10年」

「チビ蘭の一週間」

「記憶がなくなった少年」

の3つのどれか。
樹里
どんな内容なの?
クラッキー・麻衣
「和葉と記憶と10年」は


和葉ちゃんが、10年前

初等部の時に、友達だった子に、突き飛ばされて、記憶失うの。

そして、10年後。その子が戻って来て…


記憶も戻るって話。
クラッキー・麻衣
「チビ蘭の一週間」は


蘭ちゃんが、博士が作った、「若返り薬」を飲んでしまって、1週間、7歳に戻ってしまう話。
クラッキー・麻衣
「記憶をなくなった少年」は

コナン第1話をちょと変えた話

まだ書き途中なんだけどね

記憶をなくした少年。

私と君が出会ったのは

私の幼なじみがいなくなったときだったね。

幼なじみの家の書斎の本棚の前で。

私の目の前に現れた君。

名前もわからない君。

私はこう名付けた。

君の名前は・・・

”江戸川コナン"

と──
みんな面白そう。
樹里
確かに!

コナン好きな私達にとっては、どれも好きだなぁ。


でも、投稿してくれるのであれば
私は、記憶がなくなった少年がいいなぁ。
樹里
私も!
クラッキー・麻衣
じゃぁ、それ投稿しようかな。


それじゃ!
樹里
おやすみ!
おやすみ