無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

96line
今、赤髪の男が1名。
見た目だけでゲームオタクだと分かる男が1名
小さくて警戒心強そうな男が1名。






私の家の前に立ってます。
あなた

失礼ですが、どちら様でしょうか?

スニョア
スニョア
え、ジュニの彼女さん?

へ?なんの事ですか?
ウォヌ
ウォヌ
ホォ、ジュニにも春が来たんですね

もう夏に入りますけどね。
ジフナ
ジフナ
ついに…あいつまで…(・д・。)
いや、なんか誤解されてません?


え、ジュンさん助けてください。

あの方、お買い物行ってた気がするから

もう少しで帰ってくるはず…?
あなた

ホントに、あの、どちら様ですか?

スニョア
スニョア
俺は〜、スニョン!
ウォヌ
ウォヌ
ウォヌ、
ジフナ
ジフナ
…ジフン。

聞いたところで


当たり前だけど名前聞いても知らないし!








トタトタトタトタトタ…





!!ジュンさん!




ジュンさんが戻ってきた!



あなた

ジュンさん助けてください!

ジュニ
ジュニ
へ?なんかしましたか?


うん、なんかしたの。


てかさ、いつもイケメン君だね、君は。
スニョア
スニョア
おっ!ジュニ〜
ジュニ
ジュニ
あっ、スニョア!
ジフナ
ジフナ
お前、彼女出来たん?
ジュニ
ジュニ
なんの事…?
ウォヌ
ウォヌ
ほら、そこの女。


ウォヌさん?が私を指さす。



みんなの視線が



一斉にこっちに移る。
あなた

へ?

ジュニ
ジュニ
いや、違うよ!何勘違いしてんの?笑
あなた

そっそうです!
お隣さんなだけです!



3人『お隣??』
ジュニ
ジュニ
…もしかしてだけど…間違ってあなたさんの部屋を僕の部屋だって勘違いしたんでしょ?
スニョア
スニョア
ァ〜、
ウォヌ
ウォヌ
そうなりますね、はい。
ジフナ
ジフナ
ふつーに勘違いしてました。すんません。
ジュニ
ジュニ
あなたさんに謝って!
スニョア
スニョア
ごめんなさーい…でもさ、あなたちゃん?
可愛いね♥
ウォヌ
ウォヌ
それなそれな笑
ジフナ
ジフナ
まあまあかな
ジュニ
ジュニ
…反省してる?


ジュンさん、結構お兄ちゃんタイプだ。


年下まとめる感じ?の。
ジュニ
ジュニ
ホントにごめんナサイ…


ううっ



やっぱり私の前だと声が…小さい…
あなた

謝んないでください!ジュンさん悪いことしてないですから!

ジュニ
ジュニ
デモ…
スニョア
スニョア
あなたちゃんがいいって言ってるんだしさ〜、
ジュニ
ジュニ
…不要陷入脖子…



なんて言ったの?!

そういえばジュンさんって中国出身か!



スニョア
スニョア
미안해 〜
ウォヌ
ウォヌ
お邪魔しマース
ん?




今、お邪魔しマースって聞こえたような…
あなた

あ、

ジフナ
ジフナ
眠い…


おい、


勝手に入るなや、





おい、色白の小さいヤツ



勝手にソファーで寝るな。



おい、ゲーマー、勝手に私のスイッチやんないで。



なんかよく分かんないけど




私の家に




男組が




侵入してきました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



さくしゃです!





ジュニが中国語でなんかいうシーンありましたよね!



あれ、

日本語に直すと、


『首を突っ込むな』


って言ってます!


あれ?ジュニちょっとだけキャラが怖いかも?笑



スニョアが韓国語で言ってるのは『ごめんね』です!


(⋆ᵕᴗᵕ⋆).+*ペコ


♥ ★お願いします!


アイラブセブチ!


アイラブ読者の皆さん!


大スコスコスコ!笑




by作者ツキ