無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

116
2021/08/29

第25話

二十三話(主サイド)
無事に太宰さんによって事件が解決したのは良いんだけど…
太宰治
太宰治
ね、探偵社は何処だっけ?
太宰さんが首を傾げる。


…あのですね。
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
それは貴方が「いい河を見つけた〜」とか云いながら飛び込んじゃったからでしょう?!?!
つまり貴方のせいだ👉ビシッ
それにしても。
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
太宰さん、一度見たものは忘れないんですし、帰り道だって覚えているのでは?
太宰治
太宰治
さあ、如何だろうね?
太宰さんは笑ってはぐらかす。
太宰治
太宰治
流石に私でもねぇ〜
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
……ジトー( ̄^ ̄)
まあ、いいか。


めんどくさいので考えるのを放棄する。

 

太宰さんがそんな私をみて面白そうな顔をしてから、少し躊躇うように云う。
太宰治
太宰治
あなた、ちょっとさっき云ってた自殺方法を試してくるよ。
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
…また自殺嗜癖ですか。
太宰治
太宰治
…事件は解決したのでいいだろう?
何か含みのある言い方だった。

神憑 (なまえ)
神憑 あなた
…良いですよ.私が決めることでもないですし。
太宰治
太宰治
そっか。
一歩踏み出してから、止まる。
太宰治
太宰治
あなた、…気をつけてね・ ・ ・ ・ ・
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
?どういう事ですか?
太宰治
太宰治
何でもないよ。じゃあね。
ひらひらっと手を振って、太宰さんは行ってしまった。
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
…なに?もう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
太宰治
太宰治
とりあえず、第一の布陣は完成した。ここからはあなた、君の頑張り次第だ。
太宰の呟きは誰にも聞かれず空に溶けていった。