無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

379
2021/08/06

第6話

五話(サイド主)
葛ノ葉
葛ノ葉
良い眺めじゃの、あなた。
空中にふわふわ浮きながら葛ノ葉がくすくすと嗤う
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
…るっさい。
雨でぬかるんでいる地面に顔をつけるのは正直あまり好きでは無い。

私を地面に向かってぶん投げた相手がにっこり笑う。
中島敦
中島敦
敵はあなたちゃんが起き上がるの、待ってくれないからね?
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
解ってる。
髪についた草の葉を取りながら起き上がる。
中島敦
中島敦
じゃあもう一度…
敦が云い終わる前に動き出す。


地面に転がっていた拳銃を素早く構えて一発目、転がって背後に回りながら二発目、クイックドロウ早撃ちとよばれる技で二発目とほぼ同時に三発目を撃つ。
中島敦
中島敦
…今のは惜しかったよ。
敦の手の平から三発の弾丸が落ちて、地面に跳ねる。


次の瞬間、カチリと音がして、構えていた拳銃のセーフティ安全装置がかけられた。


これで私はもう撃てない
泉鏡花
泉鏡花
…これで一五戦中十五回負け。
葛ノ葉の隣で立っていた鏡花ちゃんがおしえてくれる。
泉鏡花
泉鏡花
…もっと強い人はいっぱいいる。だから、このくらいで負けているようでは闇の世界では直ぐ消される。
その通り。なんだけど…
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
敦の虎に敵うはずがないよ…だって再生するし弾丸は弾くし爪の攻撃は威力が高い。こんなちっぽけな銃で何ができるの…
手にした拳銃を弄ぶ。

宮沢賢治
宮沢賢治
できるできないで諦めてたら、救える命も救えませんよ!
後ろから声が聞こえた。


練習場所である空き地に、声変わりしたばかりの少年特有の声が響く。
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
いつのまに…
稽古に熱中しすぎて気付いてなかったみたい。
泉鏡花
泉鏡花
敵が前にいる時でも、周囲の警戒を怠ってはダメ。…前、それで奇襲をかけられた。
経験者のオモイ一言。その通り……
宮沢賢治
宮沢賢治
それよりみなさん。…依頼です。会議があるので一旦、探偵社に戻ってください。
中島敦
中島敦
じゃあ今日はこれで終わり。…国木田さんが忙しくないなら今度稽古を頼んでみたら?…僕より強いから。
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
…解った。
葛ノ葉
葛ノ葉
我がいたら敵はすべからくひれふし!その前に延々と続く死体の道を築いてやれるのに!なんとあなたはもったいないことをしているのじゃ!ああああ、可哀想なあなたに天罰を。
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
その前に私がその死体の道の一つになるよこの莫迦!むしろこいつに天罰降れ!
お守りの刀を振りかざしたら鏡花ちゃんの異能生命体、夜叉白雪の刀に止められた。
泉鏡花
泉鏡花
…「夜叉白雪」。
泉鏡花
泉鏡花
喧嘩する暇があるなら探偵社に疾く戻るべき。
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
…はい。