無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

137
2021/08/20

第18話

十六話(主サイド)
葛ノ葉も、私も、無言だった。



無言で空に浮かんでいた


葛ノ葉
葛ノ葉
…なぁ、あなた。
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
…うん。
その応答の後、またしても沈黙。
葛ノ葉
葛ノ葉
…あの男、じゃけどな。
葛ノ葉
葛ノ葉
お主が殺したのではない。
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
…え?…わわわっ!!
あまりに驚きすぎて…異能が一時解けて落ちかけた。やばかった。
葛ノ葉
葛ノ葉
大丈夫かの?
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
うん。…それで、それって、どう云うこと?
葛ノ葉
葛ノ葉
あれはの、…「自作自演」じゃ。
自作自演…?



でも…血とか…出て…
葛ノ葉
葛ノ葉
我は…気づかなんだ。あやつはの、最初から血糊を袋にでもためて服の内側に隠していた。
葛ノ葉
葛ノ葉
と、眼鏡っ子乱歩さんがいっておった。
弾が防げたのは最初から防弾服をきていたから。


まあそれでも、威力は相殺できず肋の一、ニ本は折れたかもしれぬが、の。


そう、葛ノ葉は言った。、
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
じゃあ、なんで捕まえなかった…の?
葛ノ葉
葛ノ葉
眼鏡っ子に聞いてみたのじゃがな…あやつは策士じゃ。
葛ノ葉
葛ノ葉
「この爆弾について、その男が関与している」

だそうじゃ。
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
…へぇ。…すごいなあ、乱歩さん…
…よかった。


覚悟してたことだけど、やっぱり怖かったんだもん。
葛ノ葉
葛ノ葉
そろそろ着くの。
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
うん。谷崎さんと協力して、爆弾を処理する!



爆発まではあと四十分


到着まではあと五分。




さぁ。
神憑 (なまえ)
神憑 あなた
「戦闘の開始だ!!」