無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

☪︎episode six☪︎
片山 悠緋
ごめんごめん。告白に笑ってるんじゃないからね?
神谷 瑠奈
うん。。
片山 悠緋
いやぁ、ほんとに健気で真面目でいいこだなぁって思ってさ。
神谷 瑠奈
えっと、ありがとう・・・でも私、そんな一面片山くんに見せたことあるっけ?
片山 悠緋
いや、"ライト"から聞いた。
神谷 瑠奈
えっ、片山くんも"ライト"と友達なの?!
片山 悠緋
いや、友達っつーか。。
片山 悠緋
ほんとはいっちゃだめなんだけど、、、俺、"ライト"なんだよ
神谷 瑠奈
はいっ?!
片山 悠緋
父さんのお兄さん。つまり、俺のおじさんが作ってるから、それのバイトで
神谷 瑠奈
えっ、じゃあわたしは、いままで好きな人に恋愛相談してたの?!
片山 悠緋
そーなるな
神谷 瑠奈
すっごく恥ずかしい・・・死にたいよ・・・
片山 悠緋
でも、そのお陰で、お前のことよく知れた
片山 悠緋
俺のいった通りにするし。ほんとにいいこだなって。。初めて相談者のこと意識した。
神谷 瑠奈
片山くん・・・
片山 悠緋
アドバイスしたの今は少しだけ後悔もしてる。
神谷 瑠奈
なんでっ?!
片山 悠緋
ホイホイ手をだす男と付き合うなっていったけど、いますごい抱き締めたい
神谷 瑠奈
っ・・・
片山 悠緋
だめだな。これじゃクビだ
神谷 瑠奈
え・・・
片山 悠緋
でも、いいよな。だって、一人の女の子の恋叶えたし。
神谷 瑠奈
・・・
片山 悠緋
それに、これからはライトなんかじゃなくて、
クイッ───
神谷 瑠奈
っ!!////
片山 悠緋
彼氏の俺に質問しろよ。
神谷 瑠奈
・・・うん!よろしくね、悠緋くん!
片山 悠緋
こちらこそよろしくな、瑠奈