無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

☪︎episode seven☪︎
Runa🌙
ライト、いままでありがとう
Runa🌙
ライトのお陰で、悠緋くんと付き合えることになったよ。
"ライト"
お前の努力だっていったろ?
Runa🌙
でも、ライトがいなきゃお出かけできなかったもん
"ライト"
それは一理あるな
Runa🌙
うわひどい
"ライト"
だって、いつあいてますか?とか、暇じゃねぇっていえば出掛けなくてすむじゃん
Runa🌙
冷たいなぁ
"ライト"
今なにしてる?とか、ストーカーかよ(笑)
Runa🌙
あっ、ひどい!!それ昨日の晩送ったやつ!
"ライト"
でも、お前からのなら嬉しいよ
"ライト"
他のやつなら既読無視
Runa🌙
ありがとうって言う気失せた
"ライト"
なら、お前のも未読無視すんぞ
Runa🌙
やだ!ごめんって!ありがとぉぉぉ!!
"ライト"
ははっ!
"ライト"
ま、もう連絡すんなよ
Runa🌙
え、、、
"ライト"
これからは、
---------------------------------------
片山 悠緋
彼氏が返信してやるからさ、瑠奈
何度も頼ってきたライトを卒業し、

今度は彼氏の悠緋くんに入学です✨



💗おわり💗