無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

五条先生の瞳 (2)

五条先生の目はキラキラと輝く水色だった


あなた
(綺麗...)
五条先生
どぉ?びっくりした?







あなたは無言で先生に近づいての目を見つめた





五条先生
ちょっとー!
そんなに見られたら恥ずかしいよー
五条先生
あなた距離近すぎない??





ガチャ
伏黒恵
先生!任務終わりま......した
あなた
あっ、恵!!!



あなたは恵と目が合った瞬間五条先生から離れた



伏黒恵
今2人で何してたの??
あなた
えっとねー、五条先生の
五条先生
おー恵!早かったね!任務どうだった?
あなた
(今五条先生話そらしたよね!?)
伏黒恵
それより今何してたんですか?
五条先生
何って?あなたとお話してただけだよー
あなた
(目隠し外したこと言ったらダメなのかな?)
伏黒恵
距離近くなかったですか?
五条先生
そうだった?そんなことないよねあなた?
あなた
は、はい!
伏黒恵
そういえば他の2人は?
あなた
さっき対決しに行くって言ってたよ!
伏黒恵
はぁー?授業があるのに?
あいつらバカだろ!
五条先生
そういえば恵、学長に任務報告した?
伏黒恵
いえ、これからです。
五条先生
じゃあ、そのついでに悠仁と野薔薇連れて帰ってきてほしいなー!
伏黒恵
...……分かりました。
五条先生
よろしくねー!



ガチャ


あなた
あの、五条先生!
五条先生
どうしたの??
あなた
本当は目隠し外したらダメだったんですよね??
五条先生
ダメではないけど僕の目には色々と問題があってね、
あなた
問題??
五条先生
あなたにもいつか分かるときがくるよ
あなた
(教えてはくれないのか)
五条先生
さっきのことは内緒だからね
あなた
はい、分かりました!