無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

幼なじみ
あなた
ひまだけど、、
伏黒恵
じゃあ、お願いがあるんだけど
あなた
なに??
伏黒恵
と、とにかくついてきて、、、
あなた
分かった、


恵とあなたは15分ぐらい歩いた


あなた
(恵どこに行こうとしてるんだろう)
伏黒恵
着いたよ、、
あなた
ここって、、昔よく来てた第一公園
あなた
、、、懐かしいね!
伏黒恵
だな、
あなた
う、うん!
2人はベンチに座った
あなた
(恵と何話したらいいのかな、)
伏黒恵
あなたとは毎日のように遊んだよな笑
あなた
うん、あの時は楽しかったよね
あなた
あっ、今が楽しくないって訳じゃないよ!
伏黒恵
無理しなくていいよ
あなた
してないよー笑
伏黒恵
顔に無理してるって書いてある
あなた
それ、この前野薔薇ちゃんにも言われた、
あなた
私そんなに顔に出てる?
伏黒恵
小さい時から顔見ただけであなたが何を考えてるのかすぐ分かる
あなた
もしかして、恵ってメンタリスト??
伏黒恵
ちげぇーよ、
あなた
アハハッ!だよねー!
伏黒恵
やっと笑ってくれた、、
伏黒恵
俺はあなたの笑ってる顔が好きだから
伏黒恵
これからもずっと笑ってて欲しい
あなた
(やばい!、めっちゃドキドキする、)
あなた
うん!分かった、
伏黒恵
寮に戻ろう





夜 あなたの部屋
あなた
さっきから恵の事が頭から離れない、
あなた
あんな事言われたら意識しちゃうでしょ、、、





トントン



あなた
あっ!はい!
釘崎野薔薇
あなた?ちょっと話があるんだけど、