無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

お泊まり
あなたはお風呂に入った後リビングに向かった
お母さん
ご飯できたわよ!
あなた
はーい
あなた
おっ!カレーだ!
伏黒恵
おばさんの料理久しぶりですね
お母さん
小学生の時以来だね〜、
たくさん食べて!
あなた
いっただきまーす!
伏黒恵
いただきます。


2人が食べてる姿を見てお母さんは微笑んだ


お母さん
そういえば、恵くん!
布団を2階に敷いておいたから、あなたの部屋で寝てね!
伏黒恵
えっ、ゴホッゴホッ、、、
お母さん
大丈夫!?恵くん!
お水飲んで!
あなた
何で私の部屋なの!?
お母さん
小さい時はいつも2人で寝てたじゃない?
あなた
それは昔の話でしょ!?
伏黒恵
僕はリビングで寝ますから、
お母さん
もう布団敷いちゃたよぉー!
別にあなたはベットなんだから問題ないでしょ?
あなた
そうだけど、、、



結局恵はあなたの部屋で寝ることになった


あなた
ごめんね、恵
ほんとお母さん強引なんだから、
伏黒恵
俺は大丈夫だよ、
おやすみ。
あなた
おやすみー
あなたは電気を消した
あなた
(こんな状況で眠れないよー)


1時間後


あなた
(トイレに行きたくなってきた、、、
恵もう寝てる??)



寝てるか確認しようとしたが暗くて見えなかった

あなた
(電気つけてたら起こしちゃうかな?)



暗い中ドアまで行こうとした時、、


あなた
ギャァァァァ((( 
 


あなたはつまずいて、寝ている恵に飛びついてしまった


伏黒恵
ヴッ!!重っ、、、!
あなた
ごめん!恵!



急いで起き上がろうとした、


伏黒恵
待って、、



恵はあなたを抱きしめた

あなた
……恵??