無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

五条先生の瞳 (1)
五条先生
あなたが目隠し外したら分かるよ
あなた
む、むりですよ!
あなた
(絶対手震えてしまうじゃん)
五条先生
えぇー!じゃあ、見せてあーげない!
あなた
見なくても大丈夫です!
五条先生
恵に見せた時の事、今でも思い出すなー
五条先生
僕の目を見た瞬間
「先生の目はダイヤモンドですか?」
五条先生
って真顔で言われたんだよねー!
あれは面白かった
あなた
それは嘘ですよね?!
あなた
冗談はやめてくださいよー、
恵がそんなこと言うはずないです!
五条先生
いやいや、ほんとだってー
五条先生
僕が今まであなたに嘘ついたことある??
あなた
それは、、ないですけど、
信じられないです!!
五条先生
えー!そんなに信用できないなら、
外して確かめてみたら?





五条先生はあなたに顔をもっと近づけた






あなた
先生っ!さっきから顔が近いですよ!!
五条先生
ほら、あなたが外してよ
あなた
わ、分かりましたよ!
確かめたらいいんですよね!






あなたは目隠しをゆっくり外した。




あなた
、、、えっ!