無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

夏祭り(1)



夏祭り当日 集合5分前








あなた
(緊張してきたー浴衣着たけど大丈夫かな?)
五条先生
あなたーー!!



浴衣を着た五条先生と恵がいた


あなた
えっ!恵も浴衣持ってたんだ!意外!!
伏黒恵
これ五条先生のだよ、
伏黒恵
無理やり着せられた
五条先生
だって、学校の制服着てたじゃん!
それはまずいでしょ、
あなた
制服...!!
五条先生
制服はありえないよねー
伏黒恵
こうゆう時って何着たらいいか分からなかったんだよ、
あなた
なんか恵らしいね笑
五条先生
それよりあなたの浴衣姿萌えるー
写真撮っていい??
伏黒恵
やめてください。あなた先生ですよね、そんなこと言っていいんですか?
五条先生
えー!恵もあなた可愛いと思わないの??
伏黒恵
...別に
五条先生
ひどーー、あなた早くお祭り行こっ!
あなた
は、はい!
あなた
(えーー!!やばい!ドキドキする!)
五条先生
僕、りんご飴食べたいなー!
あと、わたがしも
あなた
はい!食べましょう!

五条先生とあなたはりんご飴を買った

あなた
恵は買わなくてもいいの?
伏黒恵
俺は焼きそばが食べたい、
五条先生
じゃあ買いに行こう!



3人は焼きそばがある所を探しに行ったが人が多くて混んでいた


あなた
(全然前に進めない、)






あなたは前に進めず2人と離れてしまった




あなた
えっ!五条先生と恵は!!??