無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

パニック




恵は無言であなたを抱きしめ続けた
あなた
どうしたの?!恵?
.



.



.
伏黒恵
スースーZzz…
あなた
えっ!?寝てる?
あなた
この状況どうしたらいいの、




部屋は真っ暗でお互いの顔は見えなかった



あなた
なんか...眠くなってきた......




あなたは抱きつかれたまま寝てしまった







次の日の朝
伏黒恵
んーー、





目を開けるとあなた抱きついていたことに気づいた


伏黒恵
(えっ!嘘だろ!!)





1時間後
あなたが目を覚ました



あなた
もう朝かぁー、
あなた
あれ?恵は


あなたは階段を降りてリビングに向かった

お母さん
おはよう!あなた
あなた
おはよう。恵は?
お母さん
さっきすごい慌てて帰って行ったよ
お母さん
浴衣忘れて帰ったから後で恵くんに届けてあげて!
あなた
うん、分かった
あなた
(恵何で急いでたんだろう?)









【その頃恵は寮まで全力で走っていた】
伏黒恵
何であなたが隣に寝ていた!?
しかも俺抱きついていたよな、!
伏黒恵
アーー!何でだぁーー!