無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

叶わない恋
キーンコーンカーンコーン
五条先生
では授業を始めます!
教科書をの○○ページを開いてください
あなた
(あっ、教科書忘れてしまった、どうしよう)
あなた
(先生に言うしかないよね、
あーなんて言おう)
五条先生
どうしたあなた?教科書は?
あなた
(先にバレてしまった)家に忘れました、
五条先生
そっかー、
それは最初に言って欲しかったな
あなた
すみません、
五条先生
恵!隣の席だからあなたに見せてあげて
伏黒恵
分かりました。
あなた
ごめんね、
あなたはが机を近づけようとした時、
恵は教科書をあなたの机に置いた
伏黒恵
悠仁と教科書見るからお前は1人で見て
あなた
うん、(えっ、何で?私避けられてる?)
五条先生
では、この問題を、、、あなた解いて
あなた
(え、恵のこと考えてて全く聞いてなかった)
あなた
すみません、聞いてませんでした。
五条先生
ちょっと、あなたしっかりしてね、
じゃあ代わりに野薔薇!解いて
釘崎野薔薇
はい、分かりました。
答えは~~
あなた
(はぁー、またやってしまった)
キーンコーンカーンコーン
五条先生
では、授業はここまで
終わりまーす
あなた
(あっ、恵に教科書返さないと)
あなた
恵、教科書ありがとう。
あなた
あと、ノートうつさせて貰ってもいい?
伏黒恵
えっ、何でノートうつしてないの?
今の時間何してたの?
あなた
ごめんって、ちょっと考えごとしてた笑
伏黒恵
どうせ五条先生の事考えてたんでしょ?
あなた
えっ?何で五条先生がでてくるの?
伏黒恵
好きなんだろ、五条先生の事
あなた
恵には関係ないでしょ、
伏黒恵
否定しないって事は好きなんだね
あなた
好きでもいいじゃん?ダメなの?
伏黒恵
今のは好きって認めたよね?
あなた
だったらなんなの?
伏黒恵
五条先生は辞めた方がいいよ
伏黒恵
あの人彼女いるから