無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

先生と生徒 (1)
あなたは教室を出たあと野薔薇と出会った
あなた
野薔薇ちゃーん
釘崎野薔薇
あなた!やっと見つかった
釘崎野薔薇
とりあえず授業始まるから教室行こう
あなた
うん!
キーンコーンカーンコーン
五条先生
みんな揃ってるね授業始めましょう!!
あなた
(恵が隣の席だったんだ気まずっ)
あなた
(恵とこれからどう接したらいいのかな)
あなた
(はぁー、どうしよ、)
五条先生
あなた??
五条先生
あなたー!!
あなた
はいっ!!??
五条先生
さっきから呼んでるんだけどー
あなた
すみませんっ!
五条先生
昼休み話があるから職員室きてね
あなた
あっ、分かりました、
あなた
(えっ、ちょっと待って、今何ていった?)
あなた
(職員室??えー!やばいんだけど)
キーンコーンカーンコーン
あなた
(授業終わっちゃった!?)
五条先生
じゃあ、後で職員室きてねーあなた!
釘崎野薔薇
あなたよかったじゃん!
五条先生と2人っきりになれるチャンスかも!彼女から五条先生を奪っちゃえー
あなた
うん、、
釘崎野薔薇
大丈夫だって!あなたの味方だから!
釘崎野薔薇
そういえばさっき恵と何かあったの?
あなた
(野薔薇ちゃんに迷惑かけたくないから恵のことは言わなくてもいいよね、)
あなた
何もないよー!ご飯食べよ
昼休み
虎杖悠仁
ねー野薔薇ー!何でサラダだけなんだ?
釘崎野薔薇
ダイエット中だからよ!!っていうか、悠仁何その量?
虎杖悠仁
えっ?普通じゃない?
メロンパンとカレーパンとクリームパンだけだけど?
釘崎野薔薇
菓子パンってカロリーやばいんだぞ!
だよねー!あなた!
あなた
、、、
釘崎野薔薇
あなた?
あなた
あっ!ごめん!何の話??
釘崎野薔薇
あなた大丈夫??
さっきから元気ないよ、?
虎杖悠仁
俺が五条先生の彼女の名前言ったからだよね、ほんとごめん、
あなた
大丈夫だよ!気にしてないから!五条先生に呼ばれているから職員室行ってくる
あなたは職員室に向かった
釘崎野薔薇
ねー、恵!あなたに何言ったの?
伏黒恵
、、、
虎杖悠仁
何で恵??
釘崎野薔薇
さっきから恵も様子がおかしいでしょ?
釘崎野薔薇
あなたと何があったの?
伏黒恵
、、、あなたに告った
虎杖悠仁
えーー!!!まじかよ
釘崎野薔薇
あなたはなんて?
伏黒恵
振られたに決まっとるやろ、
虎杖悠仁
あなた、本気で五条先生のこと、、
その頃あなたは
あなた
今から五条に会うのかー緊張するなー、
あなた
失礼します
五条先生
おー!きたきた
五条先生
こっちの部屋に来て
あなた
(えっ!2人っきり?)
五条先生
ここに座ってー
あなた
あっ、はいっ
五条先生
あなた、最近どうしちゃたのー?
あなた
えっ、何がですか?
五条先生
授業全然聞いてないよねー
あなた
ごめんなさい、考えごとしてて、
五条先生
何かあったら先生に相談してよ!
       五条先生はあなたの頭を撫でた
あなた
(えっ、やばいんだけど)
あなた
あっ、あの!
五条先生
うん!なになに??
あなた
先生って家入先生と
あなた
つ、つき合ってるんですか、、?