無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

強化合宿2日目 (1)
五条先生
みんな!おはよう!
ちゃんと眠れたかな〜?
禪院真希
えっ?!恵と悠仁どうしたんだよ!
顔死んでるぞ!
虎杖悠仁
昨日騒ぎすぎて、、、
伏黒恵
俺は巻き込まれた。
五条先生
はい!はい!気合い出して!!
今日は山登りだよ!
釘崎野薔薇
山登り?!そんなこと練習メニューに書いてないよ!!
あなた
ほんとだ!書いてない!
狗巻棘
しゃけ!しゃけ!
パンダ
五条先生鬼だな、
五条先生
違う!違う!
僕が考えたんじゃないよ!
五条先生
学長が決めたんだよ!
虎杖悠仁
えぇ!そうなの!
禪院真希
何でこんな猛暑に山登りしないといけないんだよ、、、
五条先生
僕は頂上にいるからみんな頑張ってね!
五条先生
ちなみに1位の人は豪華賞品プレゼントだからね!




みんなは山登りを始めた


虎杖悠仁
俺が1番だぁー!
パンダ
ちがうっ、!俺だ
禪院真希
私よ!
狗巻棘
たかなっ!!
釘崎野薔薇
勝つぞぉー!
伏黒恵
賞品につられすぎだろ
あなた
えっ!みんな速くない??
釘崎野薔薇
あなた〜!!おいていくよー
あなた
ちょっと!待ってー!







時間が経つにつれみんなとの距離が離れてしまった



あなた
は、はやい...
追いつかないと



真夏の昼間、猛暑が続いている



あなた
暑っつい、、、
あなた
(頭がクラクラする...)
あなた
あっ!!


ふらついた時足を踏み外し、
そのまま下の方まで転がってしまった


伏黒恵
あなた!!!


恵があなたに気づいて走ってきた
伏黒恵
おい!大丈夫か??
あなた
うん大丈夫。


あなたは立ち上がろうとしたが足をくじいていた


伏黒恵
大丈夫じゃねぇーだろ、
伏黒恵
はやく乗れ。


恵はあなたをおんぶして下山し、
競技場にある医務室に向かった



ガラガラ←ドアの音
家入硝子
恵くんとあなたさん!?
伏黒恵
あなた、足くじいたみたいで



その後家入先生は反転術式を使い足を治療をした


家入硝子
これで大丈夫だけどとりあえずベットで休んで。
あなた
ありがとうございます。
伏黒恵
じゃあ俺は戻ります


ガラガラ
あなた
(恵行っちゃった、後でお礼言わないと)


あなたはベットで寝た数十分後
五条先生
あなた!!!
あなた
(んー、五条先生の声?)
家入硝子
うるさぁい!
あなた寝てるんだけど、
五条先生
ごめんって!、硝子!
家入硝子
硝子って呼ぶのやめてくれる?
私たちもう別れたんだから。
あなた
(えっ?!
最近別れた彼氏って五条先生だったの)
家入硝子
電話来たからあなたさんの様子見てて、
五条先生
分かった



家入先生は医務室から出て、
五条先生はベットの隣にあった椅子に座った


五条先生
はぁーー、


あなたはゆっくり目を開けた
すると五条先生は目隠しを外し涙を拭いていた