無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

自分
自分
ただいま戻りました!
近藤勇
近藤勇
お!すまないな、先に行ってしまって!!
自分
自分
いえいえ
ここに来てから2週間がたった頃
それは、見回り番のときだった。
沖田総悟
沖田総悟
あー。俺ちょっと休んでくるでさあ
自分
自分
サボったらダメですよ〜!
坂田銀時
坂田銀時
お、総一郎くんじゃねーかー
沖田総悟
沖田総悟
お、旦那、
坂田銀時
坂田銀時
てか、その横におるやつは誰だよ?
見たことねーつらだな
自分
自分
最近、研究生として新撰組にいる、あなたです!
坂田銀時
坂田銀時
え、あなた?
お前、出身は?
自分
自分
関西ですけど、
坂田銀時
坂田銀時
その前は?
自分
自分
私、あ、俺自身はあまり覚えてないんですけど、昔は、どこかの寺子屋にいました。
沖田総悟
沖田総悟
そーだったんですかあ
坂田銀時
坂田銀時
俺の事覚えてるか?、、
俺は覚えてるぞあなた
自分
自分
え?もしかして、寺子屋にいた、天然パーマーの銀髪…
自分
自分
ぎん兄ちゃん?......