無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

沖田総悟
沖田総悟
なに、2人で盛り上がってるんでさあ
坂田銀時
坂田銀時
てかお前、なんで、
自分
自分
あー!ーーーー!
ちょっとお腹すいたなあー(棒)
沖田さん!先に行っててください!
沖田総悟
沖田総悟
わかった、また後で
近くのレストランにて
坂田銀時
坂田銀時
お前どーゆーことだ?
自分
自分
(本名でいくんじゃなかったー)
実は、、
ぜーんぶ話した
坂田銀時
坂田銀時
そーだったのか、
自分
自分
ズラとか、晋助にいとかは?
坂田銀時
坂田銀時
今は、みんなバラバラだ
自分
自分
そ、そうなんだ、。
でも、生きてるんだったらあんしんね
坂田銀時
坂田銀時
近くで万事屋やってんだよ
自分
自分
そーなんだ!
土方十四郎
土方十四郎
おーい何サボってんだよ
自分
自分
あ、
坂田銀時
坂田銀時
あ、
土方十四郎
土方十四郎
あ、
土方十四郎
土方十四郎
なんでてめーそこにいんだ?
坂田銀時
坂田銀時
お前こそ
自分
自分
じゃあ、またね!銀にい
坂田銀時
坂田銀時
おう
あなたに優しくな!ニコチン中毒者
土方十四郎
土方十四郎
優しいわ
自分
自分
え、
土方十四郎
土方十四郎
え、てなんだよ