プリ小説

第8話

#07
白石家
晩ごはんは、カレーだ。
白石恵
白石恵
耕作が、好きそうなものをいれてみたよ。
藍沢耕作
藍沢耕作
ありがとう。めぐみ特製カレーうまい!
白石は、ニッコリとほほえんだ。二人は晩ごはんを食べ終わり。白石が、お皿洗いをし終わった隙を見透かして、藍沢は白石に突然バックバグをしてきた。
白石恵
白石恵
キァ!
びっくりしてしまい悲鳴をあげた。
藍沢耕作
藍沢耕作
このまま、いさせて。
白石の耳元でやさしくささやいた。
白石恵
白石恵
うん。
二人は、いつも言えないことを以心伝心しているような時間だった。
白石は、先にお風呂に入って、藍沢があとから入った。藍沢が洗面所から出てきたとき白石は、藍沢の腕をつかんでヘッドに連れった。
藍沢耕作
藍沢耕作
恵、どうした?
白石恵
白石恵
耕作、上半身裸になって。
藍沢耕作
藍沢耕作
えっ、いやだ!
白石恵
白石恵
いいから!
白石は、そう言いながらシャツを脱がせて、藍沢の腹筋にキスマークをつけた。
おやすみのキスどころではなく、欲でやりたくなっている代わりのキスなっていた。藍沢は、欲であそこまでいきそうだったが、やめた。
藍沢耕作
藍沢耕作
めぐみ。
もう寝ているのか。
藍沢は、白石がつけた初キスマークは、大切にとっておこうと思い写真に納めた。
白石恵
白石恵
にゃむにゃむ……。
白石恵
白石恵
こうさく、すき
藍沢耕作
藍沢耕作
愛しい人よ。
かわいいすぎて困る
藍沢は、白石が起きないようにそっと鎖骨にキスをし、白石を抱き締めるように寝た。
お正月は、初詣をしたり、ショッピングしたり、病院などで過ごした。
藍沢が、トロントに行く2日前。
白石は、橘にわがまま言って、1日半休みをとった。藍沢が白石に連れった場所は、思い出深い場所だった。そこは深夜のヘリポート_。
2人の思い出は、中でも一番は、黒川先生の切断のとき、激しい雨の中のこと。
藍沢耕作
藍沢耕作
白石恵
白石恵
なに、耕作?
藍沢耕作
藍沢耕作
俺がトロントに行っても、ずっと好きにいてくれるか?
白石恵
白石恵
私は、それを知っていて自分でやったことだから。あなたならフェロー時代よりも今の方が思いやりがあることなんて知っている。奏さんのことがなくてもね。
白石は、あのとき嫉妬していたなんて言えないと思っていた。
白石恵
白石恵
こうさくー、早く家に帰ろうよー!
藍沢は、こんなお茶目な一面があるんだと思いながら車に乗り込りこみ家に帰った。
藍沢が、一時帰国が前夜二人は、家に帰ったすぐさま白石は、甘えん坊になっていた。
藍沢耕作
藍沢耕作
はしゃぐなよ。
白石恵
白石恵
耕作のそばにいたい。トロントまでいきたい気分。
藍沢耕作
藍沢耕作
なんだ。そのふてくされた顔は?
白石恵
白石恵
こうさくー、
藍沢耕作
藍沢耕作
なんだ。そのふてくされた顔は?
藍沢耕作
藍沢耕作
ハイハイ
藍沢は、白石をお姫様抱っこでベットまで連れていった。
白石恵
白石恵
こうさく!
白石は、泣きながらいった。
白石恵
白石恵
こうさく、どこにも行かないでって言いたい。でも……
藍沢耕作
藍沢耕作
俺も、めぐみと離れたくない。
別れるのがつらいのは、二人とも同じ思いだった。
白石恵
白石恵
耕作のそばにいたい。トロントまでいきたい気分。
藍沢耕作
藍沢耕作
恵を今放したくないずっーーと、このままでいたい。
白石は、藍沢のシャツを脱がせた。藍沢は、白石の上半身をブラ状態になった。
藍沢は、白石をベットに押した。その夜は別れを惜しむ空気と離れたくない空気に包まれていた。




藍沢は、成田空港から、トロントに無事はに発ち、現地に着いた。自宅に着きキャリーバックを開き最初に手をとったのは白石と一緒に取ったイルミネーションの写真
藍沢は、白石を隠し撮りしていた写真と並べた。


End
satsuki♪♪
あなたさんどうでしたか?
最後まで読んでくださりありがとうごさいました。

もしよかったら、いいねやお気に入りを
リクエストや感想ありましたら、コメントまでお願いします。


Season2も企画しています。リクエストがありましたら、お知らせ箱までまっています。



satsuki♪♪

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

satsuki♪♪
satsuki♪♪
自由気ままにやっています。 #satsuki小説
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る