無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

101
2020/02/25

第12話

残り5人
-陽介side-


…ピロン
携帯からメールの受信音がする

こんな時間に来るメール

内容は大体分かっていた
____________________

件名:殺シあイ
from:
内容
命令に従わなかった為、首切りの罰を行う

菊池 紀美子
角野 圭介
土屋 梨穂
儀保 拓哉
宮崎 陽介
____________________
…分かっていたはずの内容だがいざ目にすると震えてくる

自分で選んだ結末

全うするのが義務だろう

俺はメールを閉じ、ベットにポンと投げる
…俺はもうすぐ死ぬのか……
深呼吸をして目を瞑ると投げた携帯から電話の着信音がした

…罰のメールを見た誰かだろう
沙雪
「陽介っ、何で…」
電話をかけたのは沙雪だった

昼間とは人が変わったように心配してくれてる

数時間前までは殺気に溢れていたのだが…まあいい
陽介
ああ、分かってる…罰のことだろ?
湧き上がる恐怖を抑えてなるべく平穏を装い落ち着いた声で言う

中学生の時演劇部に入っていたのが生きた
沙雪
「どうして陽介が罰を受けることになってるの?!」
…まあ、そうだろう

「B型」と言ってきて何もしていないのに罰のメールには名前が書かれている

焦る気持ちも分からなくはない
陽介
俺はな…O型なんだ
沙雪
「え…」
そう言った時の沙雪の顔を想像するのは難しく無かった

驚きと恐怖が混ざった様な顔

このゲームが始まった時から沙雪はよくその顔をする
陽介
悪りぃな、嘘ついてた
誰にも分からないように小さく笑う

それは過去への決別か、ただの受け入れか

どちらか分からなかった
沙雪
「何で…」
陽介
俺がO型だって知ったらお前は絶対B型を殺さないだろ?拓哉も言ってた通り、俺はお前がこのゲームを終わらせられるって思ったんだ
素直に、そう思った

沙雪には前から不思議な感じがした

不思議と言っても嫌な感じではなく、稀に見る優しい感じ

彼女の内面なんか分からない

でもそれが偽善なんかではないことは確かだった
このゲームを終わらせるのに必要なのは『善』か『狂気』か

俺は前者にかけたくなったのだ
沙雪
「…嫌だ……陽介が死ぬなんて…」
心なしか声色は泣いていた様に聞こえた

…俺はB型だと騙ったのは間違ってはいないと思う

今のこの状況が正しいとは思わない

だが俺が正直にO型だと言っていたら?

沙雪はB型を殺していたのだろうか?

もしかしたら自ら命を断つ選択をしていたかもしれない

…だとしたら、やっぱり………
陽介
…ごめん、な
後ろめたい気持ちしかない

「沙雪に生きて欲しかった」

そんな気持ちは建前でしかなく、本当は逃げたかっただけなのかもしれない

綺麗な死に方を選べば報われると思ったのか

「沙雪に生きて欲しかった」

その理由は自分が死ねる理由を欲しかっただけなのかもしれない
…いや、今更どうしようもない

B型といってもO型と言っても同じ不幸な未来なら俺は喜んでB型の方を選んだ

ただ、それだけ
沙雪
「私…助けてもらって…ばっかで…」
陽介
俺もだよ……俺は澪と沙雪と千夏のおかげで楽しい生活を送ることができた
自分で言ったのにかかわらずブワっと涙が押し寄せて来た

あの楽しかった日々

笑い合った日常

そんな思い出が走馬灯のように押し寄せる

…こんなとこで泣いてる場合じゃないだろ

俺は自分に言い聞かせる
沙雪
「…そんな…最後みたいな事…言わないでよ…」
陽介
…ごめんな
どうせなら会って話しがしたかった

恐らく最後になるこの会話はいつまでもいつまでも続けていたかった
陽介
…伝言を頼んでいいか?
沙雪
「うん…もちろん」
もう残された時間も多くない

俺は沙雪に伝言を頼んだ
陽介
澪に『色々迷惑かけて悪かった』千夏には『これからも沙雪をよろしく』と伝えてくれ
…もっと伝えたい事はあった

口頭じゃ伝えきれないほどの多くの思い出が詰まっている

俺はふと頬に触れると濡れていた

どうやら泣いていたらしい

死への恐怖

ゲームの不安

沙雪や澪、千夏を現世に残してしまった後悔

はたまた、全て
俺は最後に本当に沙雪に伝えたかった事を言った
陽介
沙雪…だ
その瞬間

突然首元が熱くなった

かあっと燃えるような熱さ、痛さで首が切れたことが分かった

薄れていく記憶の中、沙雪に伝え切れない事を心残りに俺は記憶を閉ざした
沙雪…


























































"大好きだ"



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
はい、ども、作者です

えー、1週間くらい投稿できなかったわけ(言い訳)を説明すると、まず、諸事情でプリ小が開けなかった

それで投稿が出来ませんでした

これからはがんがん投稿していくよ!(多分




…物語も終盤(早い

頑張ろう!

…あ、宣伝お願いします(_ _)