無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

51
2021/06/22

第13話

はぁ…はぁ…、。



「まってあなた…!!!」


彩花が来てくれた。



「ごめん…いきなり…。」



((…彩花ごめん。…あと日向くんも。




「どうしたの?急に走り出して」




「あの、日向くんに話しかけられたんだけど…どんな風に話してたのかとか分かんなくなって…。」




…なんかこんな事で逃げた自分が馬鹿らしくなってきた…かも。







「なんか焦っちゃって…泣いてる姿とか見られたくないし、なんか日向くんの前に立つと恥ずかしくなっちゃって、。…結局恥かいちゃったけど。笑」







ほんと意味分かんないよね。






自分でも分かんないもん…。






こんな自分嫌だなって…思うよ。













「うーんそれって恋なんじゃ??」




彩花はニコッと笑って言った。