無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

50
2021/06/22

第12話

ごめん。
「…ひ、日向くん…。」



…あ、あれいつもどうやって話してたっけ?



周りの視線が冷たいような気がする。


時がスローモーションに感じる。


どうしよう……。






















…タッタッタッ………。








無視して走ってしまった。







どうしても耐えられなくて、、
ごめんなさい、。





後ろから彩花が追いかけて来てくれていた。