無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

56
2021/06/21

第7話

名前
「…な、名前教えて!」

勇気を出して言ってみた。


「あ、俺日向翔陽!!またね!!!」




((…日向翔陽くん、。


元気な声を響かせながら走っていく日向くんの後ろ姿を見つめてた。

なんか良い人だったな…。




「あ、忘れ物!!」すっかり忘れてた。


家に向かって走り出した。