無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

74
2021/06/21

第4話

助けてくれた。
「ごめんなさい…」

男の子かな…?逆光でよく見えないけど私より背は小さいみたい。
私は尻もちをついて転んでしまった。


「こちらこそごめんね…ケガしてない?」


(あ、あれ…??私立てない…。)

…体が痛い。



「はい!お、俺は大丈夫です!!そちらこそ怪我は大丈夫ですか?!」と彼は言う。


「ちょっと転んじゃって…立てなくて…、。」


「え?!じゃあ俺の手握ってください」


「…ごめんね」といいながら言われた通りに手を握る。








…サッと私を起こしてくれた。







結構力あるな?と思ってよく見たら…






……あれ?うちの学校のジャージ…!