無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

手術
ジョングク
ジョングク
おまたせ
you
you
大丈夫
ジョングク
ジョングク
行こっか…
you
you
うん…


無言で歩く私たち









きっとグク君も私と同じことを思ってる









なにか話さなきゃかな?









それと、









テヒョン、絶対成功するよね…?









この長い沈黙を破ったのはお医者様だった








あ、もう手術室の前にいる、、








ほんと心ここにあらずだ








それも、きっとグク君と一緒だ







医者
これからキムテヒョン君の手術を始めます。最善は尽くしますが……
ジョングク
ジョングク
はい……テヒョンを、よろしくお願いします…!!
you
you
お願いします………




お医者様は私たちに軽く頭を下げると手術室の中へと入っていった










重苦しいドアが音を立ててしまる










カチッ









手術中のランプがついた









その瞬間、









ブワッとなにかが私の中で押し寄せてきた








you
you
うっぅっ……もし、もしも、テヒョンが助からなかったらッ…
ジョングク
ジョングク
あなたちゃん………
you
you
私、ダンスなんて続けられない…
ジョングク
ジョングク
大丈夫、テヒョンは絶対助かるから!!ね、願おう?
you
you
うん………!!






何時間たっただろう








いつのまにか私たちの目の前にはお医者様が








手術、終わったんだ………








そう思った途端に心臓が暴れ出す








どうか、どうか……








ジョングク
ジョングク
テヒョンはッ!??
医者
テヒョン君は、、



























































医者
助かりました
you
you
よ、よかったぁ……!!
ジョングク
ジョングク
先生、本当にありがとうございましたっ!!





その後も私とグク君はすっごくお礼を言った











そして、私がずっとしたかったこと









それは









テヒョンと話すこと









入院中にも関わらず私と公園で会えていたのはなぜか









もちろん、それも聞かなくちゃいけない









でも私がもっと言いたいことは













誤解して、怒っちゃって、ごめんなさい












そう言いたい









今日は麻酔とかの関係で面会は禁止









明日、明日だ









私はまたグク君と約束して家へと向かった









23:00










昨日と同じ時間、それと









私とテヒョンが会える時間────









明日こそ、テヒョンとちゃんと話そう











だんだんと、瞼が重くなっていくのを感じながらそう心に決めた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🦁
🦁
방 탄 소 년 단 에 푹 빠 졌 어 요 ! ! BTS( ( ガ チ 酸 素 ❥❥ テテ ち ょ ー 強 め グ ク よ り お る
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る