プリ小説

第5話

もうムリ、、
テヒョン
テヒョン
クッ、、、で、ここからのー……ターンっ!!ハァハァ…疲れたぁ!
you
you
フフッㅋㅋお疲れさま!


23:09







いつものようにテヒョンが踊っている











私たちはあれから毎日公園で会っている












逆に公園でしか会っていない











そして時間は必ず23:00からで0:00になる前には帰る











まあ不満はないんだけどね














だって


























たとえ場所がどこであっても、








どのくらいの時間だとしても、君に























テヒョンに会えるだけで嬉しい





















そう、毎日会うたびに

































テヒョンに心惹かれてゆく私がいた




















だからっていうのもあるんだけど





















テヒョンと一緒に踊りたい




















そう思う気持ちが強くなった























今までは踊るために、毎日一人でここに来ていた

















でも私は──────────




























もう、人前では踊れない























だから今は、毎日テヒョンのダンスを見に来ているのだ









you
you
つぎは何の曲?
テヒョン
テヒョン
んー…ちょっと休憩ぃ〜(。-ω-)
you
you
そかㅋㅋ



珍しくテヒョンが静かだ












黙ってどこかを見つめている








私の後ろの方、なんかあるのかな









いや、もしかして私のこと見てる?











え、、なんだ?ㅋㅋ




you
you
あの…私の顔なんかついてる?
テヒョン
テヒョン
ううん!別になにも
you
you
じゃあなに?ㅋㅋ
テヒョン
テヒョン
ダンス、、、、、、
you
you
え?
テヒョン
テヒョン
あなた、ずっとダンスしてたでしょ
you
you
え、なに言ってんの?ㅋㅋ
テヒョン
テヒョン
しかも、すっごく上手
you
you
だから、何言ってn…………
テヒョン
テヒョン
なんで隠そうとするの?見ればわかるよ?
you
you
・・・・・・・・・
テヒョン
テヒョン
あなたの心は、身体は踊りたがってるって…伝わってくるから



テヒョン、もうやめて…………














そんなの自分が一番よくわかってる











でももうムリなの





you
you
っ………………、
テヒョン
テヒョン
あなた、、、?
you
you
ごめん、もう帰るね
テヒョン
テヒョン
え…あなた待ってッ
you
you
じゃ
テヒョン
テヒョン
あなた……………うぅ、、ヒック








テヒョン、ごめん










ほんとにごめん………っ










でも今はこうするしかないから












そうじゃないと








きっと私はテヒョンを傷つけてしまう










だから


















少し、距離を置こう、、、、、、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🦁
🦁
방 탄 소 년 단 에 푹 빠 졌 어 요 ! ! BTS( ( ガ チ 酸 素 ❥❥ テテ ち ょ ー 強 め グ ク よ り お る