無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

仲間になるか?
兵士
おい、この街の奴らは全員死んだか?
兵士
はい!
貴方
貴方
あいつらか…、ゆうなこのナイフで殺れる?
ゆうな
ゆうな
え!でもそしたら、あなたの武器がないよ!
貴方
貴方
大丈夫、歯って言う武器があるよ1人殺れば、武器が手に入るから大丈夫、もしもの時は叫べ、そしたらすぐに助けるから
ゆうな
ゆうな
うん
貴方
貴方
じゃ、行くよ…3…2…1
貴方
貴方
GO!
兵士
なんだ?wガキ二人か?w
貴方
貴方
ガキあつかいは嫌いなんですねぇ〜、まぁ死ね街の皆を殺したクソ共が
兵士
グハッ…
あなたはそいつの喉を噛みちぎった
貴方
貴方
アハハハ…アヒャヒャヒャヒャ!
貴方
貴方
楽しぃ〜!
ゆうな
ゆうな
こわっ…
と、二人は次々と敵を殺していった
グルッペン
グルッペン
ほう…
トントン
トントン
ちょ…グルさん!
貴方
貴方
なんや…お前ら
ゆうな
ゆうな
ねぇ…怖い
貴方
貴方
そう、大丈夫私がまもるから
貴方
貴方
何なん…お前ら、まだ居るやろ?気配消してるみたいやけどバレバレな?
ひとらんらん
ひとらんらん
あらま
エーミール
エーミール
バレてたんですか…
貴方
貴方
ゆうな、ナイフかして
グルッペン
グルッペン
待て待て、俺はお前らを仲間にしようとしてるんだ
貴方
貴方
ほぉ…嫌だね
貴方
貴方
私はアンタらが嫌いだ
グルッペン
グルッペン
ほう、つまり我々国に逆らうと言うわけだな?
貴方
貴方
あぁ、そうだ
グルッペン
グルッペン
ならば、ゾム、トントン行け生け捕りにしろ二人共な
貴方
貴方
!(ゆうなが襲われるのはやばい…どこか安全な場所は…)
貴方
貴方
(そうだ…おぶって逃げるか…追いつかれたらゆうなだけを木の上に乗せておくか)
貴方
貴方
ゆうな、乗れ
ゆうな
ゆうな
!うん
貴方
貴方
走んぞ…
貴方
貴方
(体力がつづくかわからない…けど…妹だけは…助けたい)
グルッペン
グルッペン
!ほほう…面白い…行けゾムトントン
トントン
トントン
はいはい
ゾム
ゾム
あいw
貴方
貴方
ぜぇ…ぜぇ…あ、すぐ後ろにいる…
貴方
貴方
ゆうな、木の上に、隠れとけ
ゆうな
ゆうな
うん…
ゾム
ゾム
追いついたわ
トントン
トントン
てか、もう一人どこ行った?
貴方
貴方
それなら、逃げたよここから先には行かせんけどね?
ゾム
ゾム
ほう〜、すぐに仲間に、なればええのに
貴方
貴方
嫌つってんだろ?
トントン
トントン
まぁ、手加減なしで行くわ
ゾム
ゾム
じゃ俺も
貴方
貴方
殺せばいいか…
トントン
トントン
後ろやぞ?
貴方
貴方
?知っとるで?
トントン
トントン
なっ!?
貴方
貴方
よっと…
バタッ…
トントンはあなたに足をすくわれ、倒れた
トントン
トントン
グッ…
貴方
貴方
よし、トドメを…
ゾム
ゾム
ストップ
ゆうな
ゆうな
あなた!
貴方
貴方
テメェ…妹に触んな…
ゾム
ゾム
だったら、トントンをこっちに連れてこい
貴方
貴方
チッ…
あなたはトントンを軽々と抱っこをした
トントン
トントン
??!!?!?
ゾム
ゾム
やっぱこいつ馬鹿力やで
ゾム
ゾム
トン氏は重いからな
貴方
貴方
これが、重いのか…(小声)
ゾム
ゾム
ほら、歩け
貴方
貴方
その前にゆうなを渡せ…
ゾム
ゾム
逃げるんちゃう?
貴方
貴方
逃げたら、妹を殺してもいい
貴方
貴方
約束は守る
ゾム
ゾム
ならええ
貴方
貴方
この豚は、お姫様抱っこでいいか、ゆうなは背中においで
トントン
トントン
豚?!
ゆうな
ゆうな
うん…
トントン
トントン
無視された…(´・ω・`)
ゾム
ゾム
(お姫様抱っこw)
そして、グルッペン達のとこに着いた
グルッペン
グルッペン
トン氏w
貴方
貴方
おい、この豚
トントン
トントン
わっ!
グルッペン
グルッペン
キャッチって重くね?
あなたはトントンをグルッペンの方へ投げた
貴方
貴方
おい…、お前らの仲間に、なればゆうなには手を出さないんだな?
グルッペン
グルッペン
あぁ
グルッペン
グルッペン
その、ゆうなとやらも入ってもらうがな
貴方
貴方
クッソ…、ゆうな…いい…?
ゆうな
ゆうな
うん…
貴方
貴方
ごめんなぁ、約束だから、裏切る事は出来んのよごめんなぁ
グルッペン
グルッペン
それでは、国に、来てもらうゾ
貴方
貴方
あぁ
貴方
貴方
妹に、手出したら誰でも殺すかんな
グルッペン
グルッペン
あぁ