無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

14
駿佑side
















駿『あなたー』










駿『俺ら、別れよっか。』











あなた「え、は、ちょ急にどうしたん!?」











あなた「あ、うちのこと嫌いになった?」













駿『そう!』


























































駿『って、言いたいところやけど、』




























駿『まだ、好きやし付き合っときたい』
















あなた「え、じゃあ何で?」








駿『あなたの好きな人は俺じゃない。』








































あなた「なんでそうなるん。嫌いとか言うてないやん、。」


































































駿『付き合っとるのにあなたはいっつも違う人見とって。俺ずっと気づいてたんやで?』



















































駿『あなたが先輩を好きってこと。』


































あなた「…ッ!」
































あなた「やっぱバレとったか。」




















駿『当たり前やん。どんだけ一緒におると思ってん。笑』
























あなた「ごめんな、ほんまにごめんな。」





























駿『ええよ。謝らんといて。』
































駿『その代わり条件がある』
























あなた「ん?なに??」















.