無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7

あなたside















恭「あ、あなたちゃーん!」







『せ、先輩!!』





恭「なー、一緒帰らん?家近いし!」



『でも今日駿佑と変える約束してて、』







『あ、駿佑』











駿「ええで、2人で帰りぃや」






『ええん?なんかごめんな』







恭「駿佑くんやっけ?急にごめんな?ありがとう」
































































一緒に帰るとかやばいって。
心臓ばくばくやしっ。
おちつけぇぇぇぇ←











恭「はよかえろ笑笑」







『はい!』




















『先輩て彼女いるんですか?』










恭「おらんけど。笑なんで?」








『いやー、もててはるから笑』











恭「なんやそれ笑」









『あ、じゃあ好きな人はいるんですか?』









恭「おるで??」








『そうなんですか!どんな子か気になる笑』






恭「可愛いで!!」












『付き合ったら教えてくださいね!』







「付き合えるかわからん笑その子結構手強そうやねん。」







『まじですか。頑張ってくださいね!』











『じゃっ、家ついたんで!』














































































また逃げてきてしまった…。























やっぱ好きな人おるんやな。
あたりまえか。






































あーつら。
どんな人なんやろ?
高橋先輩が好きってことは相当可愛いんやろーなー。