無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

17










いやぁ、勢いで走ってきたけどどこにおるん。


























はよ見つけんと、


































































































































探しよったらあなたちゃんらしき人が見えて、
















































































恭平「あなたちゃ…!」















名前呼ぼうとしたらそん時クラスの男子と一緒におってん。


















































































…告られてるやんか。
あ、え、付き合うんかなぁ。



































































とかぼーっと考えとったらいつの間にか目の前にはあなたちゃんがおって。




























































































恭平「あ、あのさ!」









































あなた『は、はい…』