無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5
駿佑side

駿『はぁ、』

あなた「なんかあったん?」

















あなた「あ、恋愛のこと?」



駿『あたり、』


駿『でな、その人好きな人おんねん、』


あなた「へー」






















あなた「って、誰が好きなん!?」












駿『誰って、ゆうわけねーし…!』

















あなた「そろそろゆーてくれてもええやん。」



駿『、ほんま鈍感やな((ボソッ』

































あなた「え?なんかゆった?」





















駿『なんもゆってないで。』































あなた「それよりさ、昨日先輩がめっちゃかっこよかってん!もうやばかった、♡」





駿『ふーん、』













.













好きな人に









好きな人がおったら










こんなにつらいんやな。
















あなた…











俺の事好きになってくれへんかな、
















なるわけないか((






あんなに先輩のこと好きやし
















しかも高橋先輩やで?。
あんなんかなわんし。

















どうすればええん、
















あ、





































長尾に聞こッ←