無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

第5話 始まりは未来から5
ほたるの家には誰もいなかった。家が広いだけあって、なんとも静かだ。

2階にある彼女の部屋まで連れて行きベッドに寝かせると、薬を探した。
ほたる
ほたる
そこの……ピンクの引き出しの中にある
ナイン
ナイン
ああ、これか……
ナイン
ナイン
下に降りて、水を汲んでくるよ
ほたる
ほたる
ありがと
掃除がよく行き届いた家だ。洗濯物が散らかっていたり、新聞紙が無造作に置いてあったりすることもなく、モデルハウスのように整頓されている。

本当にここに家族で住んでいるのだろうか。ほたるの家は不自然なほど、綺麗だった。
ナイン
ナイン
それと……
さきほど目にした薬。もしかしたら、この時代では不治の病と呼ばれる病気の薬かもしれない。医療に関しては詳しくはないが、過去の時代の流行病や治りにくいとされる病気に関しては授業で教わった。こういった病はのちのち特効薬ができ、ナインの住む2200年では簡単に治る病気になっているのだ。
ナイン
ナイン
まぁ、俺がどうこうできる問題ではないか
ナイン
ナイン
お待たせ、起きられるかい
水を汲んだグラスを持って2階に上がり、思うように動けないほたるの背に腕を回して上体を起こす。うつろな目をしている彼女の代わりに薬を袋から出すと、無言で口を開けるので舌の上にのせてあげた。
ナイン
ナイン
ほら、飲んで
これではまるで介護だ。体調がこんな状態なのに、あんなに踊れたなんて。彼女の体は一体、どうなっているのだろう。
ほたる
ほたる
ありがとう。もう、大丈夫
大丈夫なわけあるか。そう言いたいのをぐっとこらえた。自分はこの時代の人間ではない。彼女の心配をできるのは、この時代に生きる人達だ。

それでもなぜだか、あたたかい気持ちが体の中に充満している。久しぶりに人間に触れたせいだろうか。2200年では、主に人工知能と会話し、職場の同僚との会議もモニター越し。仕事一筋のナインには恋人がいなかった。

過去の時代なんて未来に生きる自分からしたら時代遅れの歴史の一部でしかないと思ってはいたが、どうやら良い側面もあるみたいだ。

たとえばそう、人の温もりとか。
ナイン
ナイン
親御さんはもうすぐ帰ってくるのかな
ほたる
ほたる
えっ、どうして?もしかして山田さん、いやらしいこと考えてる?
ナイン
ナイン
えっ……?
ああ、そうか。自分のした質問の意味を反芻し、ナインは赤面した。ベッドの上に女の子と2人っきり。そういう意味に捉えられてもおかしくはない。
ナイン
ナイン
ちが、違う……!そういう意味じゃなくって……!!
ほたる
ほたる
ふふ。わかってるって。心配してくれてるんでしょ。うち、親が仕事熱心な人達だから、あんまり帰ってこないんだよね。娘がこんな状態なのにさ、ひどいよ。大学生のお兄ちゃんが1人いるけど、大学の近くに1人で暮らしてるんだ。だからわたしはいつも1人ぼっち。さみしいな〜、なんてね
ナイン
ナイン
そっか……。荷物はどうする?高校に置きっぱなしだろう
ほたる
ほたる
シキミ先輩かレイジあたりが届けてくれるって。うちの場所知ってるからさ。っていうか、急に山田さん優しいね
ナイン
ナイン
優しくなんかないよ
ナイン
ナイン
(だって俺は君の病をいとも簡単に治すことができるのに、そうしないからさ)
忘れ物をしたとかなんとか言って一旦未来に戻る。そして、備品庫から薬を持ってきてこの時代に戻る。簡単なことだ。もしバレたら懲戒免職で、裁判にかけられるかもしれないけど、きっと大した罪にはならない。だって、彼女は歴史上に名を残した重要人物なんかじゃなく、数多の名もなき大衆の一人にすぎないのだから。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

平七羽
平七羽
こんにちは!平七羽(たいらいろは)です。ファンタジーとイケメンをこよなく愛しています。疲れちゃう毎日ですが、少しでも楽しくなるように。そんな小説を書いていきたいと思います╰(*´︶`*)╯💠twitter→@taira_iroha💎(アイコンは「宝ひかるは石の国」表紙でおなじみのkaoliniteさん@okayuatsuiから🎶)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る