無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

夏休みデート~花火大会~
夜中の電話。
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
卯月、今週の日曜、予定あるか?
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
無いよ
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
花火大会あるだろ
行かないか?
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
いいね♪
もっと人いた方が楽しいかな?
クラスの奴らも誘う?
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
いや…何でだよ
これは二人の記念すべき初デートだ
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
あ、そうか…
うん、分かったよ
(そう言われると、照れる…)
───────────────────────
花火大会当日。
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
辰山、お待たせ!
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
卯月、浴衣着てきたのか!
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
あはは、僕だけ浴衣だね
気合い入り過ぎちゃったかな?
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
いや、すごく可愛いぞ♥
勇気を出して誘って良かった!
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
そんな…
あと、勇気出さなくても、気軽に誘っていいからね!
───────────────────────
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
出店が並んでいるな
花火まで時間あるし、何か食べようか
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
僕、クレープ食べたいな♪
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
いいな、クレープか
可愛いチョイスだ♥
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
可愛さで選んだわけでは…
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
俺は牛串にしよう
あとは二人分の飲み物かな
───────────────────────
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
浴衣姿でクレープを食べる卯月、う~む、可愛さの極みだ
写真、撮ってもいいか?
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
いいけど…って、それ、デジタル一眼レフ?
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
花火を撮るつもりで持ってきたんだが、こんなところで役に立つとはな
ほら、卯月、こっちを向いて
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
えぇ…
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
表情がぎこちないな
もっと自然な笑顔を見せてくれ
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
そんな大きなレンズ向けられたら、上手く笑えないよ~!
───────────────────────
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
そろそろ始まるな
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
うん
『これより、納涼花火大会を開催します』
『オープニングアクト・夏の花盛り』
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
……うわぁ!すごい!!
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
綺麗だな
オープニングから華やかだ
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
綺麗…
カシャッ
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
んっ?
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
ようやく、いい写真が撮れた
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
あ~っ、勝手に撮ったな!
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
花火より、目を輝かせている卯月の方を撮りたかった
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
我ながら、感情が暴走しているな
卯月のペースに合わせて、ゆっくりお互いの感情を育てていきたかったけど…難しいみたいだ
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
辰山……
(花火のせいかな、ドキドキする)
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
これからも真っ直ぐに、卯月を想っていたい
少しずつ、俺を知ってくれると嬉しい
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
うん…ありがとう、辰山
(何故だろう、胸が苦しい)