プリ小説

第4話

🌷


春ですね。






春になったら、あの人を思い出します。








初恋の人。










あれは小学6年生の時











いつも優しくて、私のことをいつも気にしてくれる人だった。











陸上やマラソンも頑張った時には褒めてくれた。








でもいつの間にか私の心の中にあなたは消えていた。











何故かわからない。でもこれだけは分かった。













あなたの好きな人は私ではない。











ということを。














あぁ。これは私の片想いだったんだな。



















そして、その人の名前は















ハ ル














だった気がする。








--------------------

これはフィクションかもしれないし、ノンフィクションかもしれません(は



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

お爺とくまモン
お爺とくまモン
おじくまだよ 超低浮上 ふぉい #おじくま
ポエムの作品もっと見る
公式作品もっと見る