無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

🥀×22
あなたside


*母らの会話*






雅美(マサミ)
昴生くんは大学生活どうなん?
昴生
昴生
ええ感じですよ!
雅美(マサミ)
将来の夢とかあるん?
昴生
昴生
お笑い芸人になります!
敦子(アツコ)
そんな軽々しく言うとるけど
敦子(アツコ)
そう簡単な事やないんやで?
昴生
昴生
分かってる!それでも俺は本気でやりたいねん
敦子(アツコ)
大学まで出してるのに…
昴生
昴生
俺はお笑い芸人になりたいねん!
敦子(アツコ)
昴生ええ加減にせぇよ!!
昴生
昴生
なんでやりたい事やったらあかんねん!
敦子(アツコ)
お笑い芸人なんてなりたくてなれるもんちゃうんやで!?
敦子(アツコ)
大変なんやで!
昴生
昴生
わかっとる!
昴生
昴生
それでも俺は自分の意思に従いたいねん!
敦子(アツコ)
でも…!
雅美(マサミ)
敦子さん、
雅美(マサミ)
昴生くんもこー言ってはるんやし
雅美(マサミ)
挑戦させてあげたらどーや
雅美(マサミ)
私が人の家庭に口出しなんて出来る事やないけどさ
敦子(アツコ)
………
敦子(アツコ)
親が子供の夢潰してどーすんのやろ。
敦子(アツコ)
そやね、昴生やってみ
昴生
昴生
オカンええの!?
敦子(アツコ)
ええよ、どれだけその業界で通じるかやってみい
昴生
昴生
ありがとう!
雅美(マサミ)
良かったね昴生くん
昴生
昴生
ほんまにありがとうございます!
雅美(マサミ)
私はなんもしとらんよー
















そして私の誕生日会も無事終了しました