無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

🥀×50
あなたside



朝起きて2人分の朝ごはんの準備と

お弁当と。お弁当箱あって良かった

お弁当作るの裕太の遠足以来だな

高校生って事は食べ盛り?でも細いし…



普通の量にして話聞けばいいか



あ、そろそろ起こさないと…









中務
中務
拓文
中務
中務
起きて
拓文
拓文
んー、
中務
中務
起きてください
拓文
拓文
…おきたおきた
中務
中務
朝ごはん出来てるから
拓文
拓文
いま行くー…
中務
中務
はい
中務
中務
洗面台にタオルも出してあるから顔洗ってや
拓文
拓文
あーい、




数分後使ったフライパンなど洗ってると寝室から

ボサボサ頭で出てきた拓文





拓文
拓文
あ!目玉焼きとトーストだ!
中務
中務
朝パンかご飯か分かんなかったから適当に作ったんよ
中務
中務
量もわからんから少なめにしといた
拓文
拓文
ありがとう!
拓文
拓文
けど俺結構食べるで??
拓文
拓文
だから全然大丈夫やで!
中務
中務
分かった
中務
中務
そー言えばなんだけどさ
中務
中務
明日から学校私が送り迎えするから大丈夫ってヒッチハイクしとるおじさんに言っといてくれん?
拓文
拓文
あなた忙しいやん!
中務
中務
大丈夫やから
中務
中務
な?
拓文
拓文
…わかった!
中務
中務
学校何時に終わる?
拓文
拓文
6時くらい?
中務
中務
じゃあ6時に校門の前で待っとる
拓文
拓文
ありがとう!
中務
中務
ぉん
中務
中務
じゃあ、制服着て顔洗ってきて
拓文
拓文
はーい!




拓文の準備が終わる




中務
中務
じゃあヒッチハイクの人に言うといてな?
拓文
拓文
はーい!
拓文
拓文
行ってきまーす!
中務
中務
行ってらっしゃい







拓文を送り出したあと

私もマンゲキに向かうために支度をした