無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

🥀×63
あなたside



*水田宅*






中務
中務
お邪魔します…
信二
信二
あがってあがって
賢志郎
賢志郎
料理もちょうど出来たとこやで



*リビング*





信二
信二
昨日大丈夫やった?
中務
中務
あ、
中務
中務
昨日は本当にすみませんでした…
賢志郎
賢志郎
ううん。全然大丈夫やけど
賢志郎
賢志郎
あなたは大丈夫だったん?
中務
中務
…、
賢志郎
賢志郎
なんかあったんやな
信二
信二
川西とあなたしか知らん話俺も聞きたい。
信二
信二
誰にも言わん。和牛だけの秘密にするからええ?
中務
中務
水田さんにもいつか言おうと思ってたんでちょうどいいです
信二
信二
ありがとう
中務
中務
私には高校生から付き合ってる彼氏がいたんです、
信二
信二
おー。
中務
中務
けどその人凄い浮気性で、私以外にも何人も彼女いるんですよ。
中務
中務
そんな奴別れたらいいって思いますよね?
信二
信二
まぁ、思ってまうかな…
中務
中務
けど、初恋がその人で恋なんてした事ないから自分でもやめなきゃいけない恋だ。って思ってたけど別れられなかったんです
中務
中務
けど、最近また私以外に8人の彼女いて、8人ともモデルやってるんです
信二
信二
…え、
中務
中務
それでいざこざあって昨日別れました
賢志郎
賢志郎
別れたんや。
中務
中務
はい。けど…
和牛
和牛
けど?
中務
中務
私がマネージャーになったのも、その人が俺お笑い芸人になるから待っててって言われてマネージャーになったんです。
中務
中務
そしたら昨日その人が最後2年後必ずお笑い芸人になるから待っててって言われたんです
賢志郎
賢志郎
それは、どーゆー意味で言ったんやろね
中務
中務
それが気になって…
信二
信二
あなたの話はよー分かった。
信二
信二
敬語に戻ってんで!
中務
中務
あ、ごめん
信二
信二
うん
信二
信二
あなたはどーしたい
信二
信二
2年間待つ?その人の事信じる?
信二
信二
それとも他のことする?
中務
中務
私は。
中務
中務
私は、今はマネージャーっていう仕事に誇りを持ってやってるから辞めたくない。
中務
中務
せっかく知り合いも増えたし、
中務
中務
それに拓文、お笑い芸人やりたそうな感じだったから手助け出来るようにマネージャーやってたい。
賢志郎
賢志郎
俺らのマネージャー続けてくれるん?
中務
中務
うん。2人が良ければ
賢志郎
賢志郎
ええに決まっとるやん
信二
信二
和牛のマネージャーはあなたしかおらん
中務
中務
ありがとう。
賢志郎
賢志郎
こちらこそよ。
賢志郎
賢志郎
マネージャー続けるって選択してくれてありがとう
中務
中務
とんでもないです…。
信二
信二
さっ!ご飯作ってあるから食べよか!
中務
中務
打ち合わせだけだと思って拓文家に置いてきちゃった…
信二
信二
拓文くんも呼んだらええやん!
賢志郎
賢志郎
せやせや!元プロの料理人のご飯も食べられるで
中務
中務
家に迎えいってくる
信二
信二
なんかほんまの兄弟に見えてきたな
中務
中務
ほんと?
中務
中務
本当の弟くらいかわいい
賢志郎
賢志郎
拓文くんは幸せもんやな
信二
信二
ほんまやで
信二
信二
はよ迎えいったりな
中務
中務
はいっ!