無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🥀×6
亜生side





*玄関*




校門から出るところ、



剛典
剛典
あなたー!探したよー!
中務
中務
げ、もう来やがった
広臣
広臣
ちょ、待てよ
亜生
亜生
あれ?兄ちゃん!?
女子
きゃー!!!3代王子が集結よー
女子
なんで陰キャ2人といんのよ
男子
あそこだけ輝いとる
男子
別世界
男子
あなたちゃんおるわ!
中務
中務
だから嫌なんだってば
広臣
広臣
あなたお前太った?
中務
中務
うっせ
広臣
広臣
生意気になったなー
中務
中務
ムカつく
中務
中務
余裕ぶっかましてんなよ
剛典
剛典
まーまーあなた落ち着いて
中務
中務
もとはといえば仔犬が着いてくるから!!
広臣
広臣
カッカしないのー
昴生
昴生
気まづ過ぎて...
中務
中務
昴生と帰るの
広臣
広臣
あなたが男と帰るとか珍し
中務
中務
あんたらのせいでいじめられてるんでね話が合うもんで
広臣
広臣
ふーん
昴生
昴生
ど、どうも...
亜生
亜生
兄ちゃんがこんな中におんの珍しいの
昴生
昴生
居たくて居てるわけちゃうんやで!
中務
中務
もー帰ろ
亜生
亜生
あ、あなたちゃんじゃん
中務
中務
誰
亜生
亜生
そんな言い方しなくてもー
亜生
亜生
これからカラオケ行くんやけど行かん?
中務
中務
.......
亜生
亜生
無視せんとってよー
中務
中務
帰る
剛典
剛典
ちょ!あなた待ってよ
広臣
広臣
ちょ、おい!走んなよ
昴生
昴生
ちょ、待ってや





俺の誘い断る女いるんだ。

へー。陰キャのくせに調子乗ってんなぁ


俺一人で置いてくとか

いい度胸してんな

兄ちゃんとは仲良くなりよって

なんやねんあいつ





女子
亜生何やってんの?
女子
はよカラオケ行こー!
亜生
亜生
そやね!いこいこー





そこからカラオケに来たが

あいつのせいでイライラする。


あー、ムカつく

なんか歌う気にならねーわ




亜生
亜生
ごめーん!今日はもう帰るわー
女子
え、?もう?
亜生
亜生
母ちゃんから電話かかってきてもうた
女子
まじかー
亜生
亜生
スーパーよってはよ帰ってこーい!やってよ
亜生
亜生
鬼ババやで
女子
爆笑😂😂
女子
じゃあ帰っていいよー!
亜生
亜生
またなー!
女子
またね!




俺は走って家に帰った