無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🥀×4
あなたside



あー、教室がうるさい。

だから私はいつもこの屋上にくる
たまーに先輩居るけど

基本的には1人。


その先輩はよく屋上で寝たり1人で漫才したりしている変な先輩。






私は屋上の床に寝転がる


あー。風が気持ちいい







剛典
剛典
お姫様
中務
中務
.....
剛典
剛典
無視はよくないですよ?
中務
中務
うざい



いつも私に付きまとってくるこの仔犬
弟と仲良くて家に1回来たら

私になつきやがったこの仔犬←





剛典
剛典
まーた暴言を吐く!
中務
中務
優等生授業遅れるぞ
剛典
剛典
女の子ってめんどくさいね
剛典
剛典
いちいち声のトーン高くしてさ
中務
中務
腹黒い仔犬悪くない←
剛典
剛典
仔犬呼びも優等生呼びもやめてください
中務
中務
気が向いたら
剛典
剛典
俺も1限目さーぼろ
剛典
剛典
とはいかねぇなぁ。
剛典
剛典
内申がぁ
中務
中務
早く行け
中務
中務
チャイム鳴るよ
剛典
剛典
うん
剛典
剛典
戻るわ
剛典
剛典
また来る
中務
中務
来なくていい
剛典
剛典
じゃ!



仔犬は居なくなる


それと入れ替えで猛ダッシュで誰かが屋上に走って来る。

誰だよ、うるさいなー





昴生
昴生
ハァハァ、ハァ...




あの変な先輩だ


でも、怪我してる...?




昴生
昴生
もう、ここまでは、来ないよな...



あ、いじめられてるのね

仲間じゃん


どうして人間って直ぐにいじめたがるんだろう

低脳






中務
中務
ワイシャツ破けてますよ
昴生
昴生
あ、ほんまや。気づかんかった
昴生
昴生
君1年生やろ?
中務
中務
そーですけど
昴生
昴生
1年生のうちからサボっとって大丈夫なん?
中務
中務
先輩こそ受験とかあるのに大丈夫なんですか?
昴生
昴生
なんで受験生って知ってんねん!
中務
中務
上履き
昴生
昴生
あ、上履きか



この先輩バカなんだなきっと。

私たちの高校は学年によってカラーが決められてる



私たち1年は赤色

2年は青色

3年は黄色






昴生
昴生
俺なお笑い芸人目指しとんねん
昴生
昴生
だからな受験関係ないねん
中務
中務
ふーん
昴生
昴生
興味なしかい!
中務
中務
ない
昴生
昴生
即答やなー
昴生
昴生
なぁ、君いつもここおるよな
中務
中務
ここか保健室
昴生
昴生
よな!
昴生
昴生
暇やったらさ俺の漫才見てくれへん?
中務
中務
めんどい
昴生
昴生
見るだけでええねん!
昴生
昴生
君ポーカーフェイスそうやし!
ええ特訓になると思うんやけど...
中務
中務
...わかった
昴生
昴生
ほんま!?ええの?
中務
中務
見るだけ
中務
中務
てか、ワイシャツ破けてるのだけが気になる
中務
中務
裁縫道具持ってきて
昴生
昴生
かしこまりー!
中務
中務
早くいけ
昴生
昴生
はいっ!!




どいつもこいつも犬だ←

この先輩はブルドッグだな







*数分後*



昴生
昴生
はい!
中務
中務
縫うから動いたら刺さるよ?
昴生
昴生
じゃあワイシャツを脱いでもええ?
中務
中務
うん
中務
中務
めちゃくちゃストレートに聞くけどいじめられてんの?




なんかこの人私に似てる気がして

すごい話しやすい。


ていうか勝手に話しちゃう

今まで出会ってきた人の中で初めてかも





昴生
昴生
ほんまにストレートやな
昴生
昴生
そうそう、‪w
昴生
昴生
いじめられてんねん。情けなぁ
中務
中務
仲間じゃん
中務
中務
私もいじめられてんの
昴生
昴生
なんでみんなそんな事するんやろね
中務
中務
低脳だからだよ
昴生
昴生
それ言ってしまったらお終いやん‪w
昴生
昴生
まぁ、でも事実か
中務
中務
うん
昴生
昴生
俺な君と同じ学年に弟がおんねん
中務
中務
へー
昴生
昴生
その子はな3代王子なんて呼ばれるくらい顔も整っててな明るくてみんなから人気あんねん
中務
中務
ふーん
昴生
昴生
弟がそんなんやったら俺も兄ちゃんとしてかっこいい姿見せたくなるやん
中務
中務
知らないけど
昴生
昴生
なるんよ!‪w
昴生
昴生
それでな頑張ってるんやけど全部が空回りして馬鹿にされていじめられて。弟と比べられて
中務
中務
私も弟と比べられる
昴生
昴生
弟おるん!?
中務
中務
いる
中務
中務
弟ダンスすごくてEXPGに入ってて、将来の夢もダンサーって夢しっかり持ってその為に頑張ってて
中務
中務
だけど私は夢なんか持ってないし、入学早々こんな感じだし、弟とはすごい比べられて
中務
中務
でも弟は私が親に責められてる時、怒られてる時かばってくれるんだよね。優しいから
昴生
昴生
俺の弟もそうや。
昴生
昴生
兄ちゃんは悪ーないねん!
昴生
昴生
て言ってくれるんよ。ワイシャツ破けた時とか汚れた時とか俺がいじめられてんのバレないように弟が必死に言い訳探してくれてんねん
中務
中務
なんか似てるね
昴生
昴生
似てるなぁ。
中務
中務
先輩名前は?
昴生
昴生
昴生て言います
中務
中務
中務あなたです
昴生
昴生
あなたって呼んでええ?
中務
中務
うん
昴生
昴生
俺の事も呼び捨てでええよ
中務
中務
ありがとう
昴生
昴生
いつも何限までサボるん?
中務
中務
一日
昴生
昴生
いちんち!?
昴生
昴生
学校来る意味ないやん
中務
中務
出席はしてるから
昴生
昴生
その為だけに!?
中務
中務
そう
中務
中務
家にいたって暇だしなら学校来て色んな人を見て馬鹿にしてる方が楽しい
昴生
昴生
とことん腹黒やね
中務
中務
はい、縫えた
昴生
昴生
裁縫上手いなぁ。
中務
中務
ありがとう
昴生
昴生
こちらこそ!
昴生
昴生
じゃ!漫才やるから見とってや!
中務
中務
うん