無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

入学式
パチパチパチパチパチパチ
一年生を迎えるため、先輩達が拍手をしている。
宮内 蘭
宮内 蘭
緊張してきたー。
You
You
私もー。
春山 音
春山 音
ふー、はー。
先生
先生
もうすぐ歩き出すから、静かにね。
クラス全員
はーい
先生
先生
よし、行くよ。
先生の合図で、先輩の間を通り、椅子に座る。
人数が多い学校のようだ。
拍手の音が小さい。
真剣に叩いている人もいれば、叩いていない人もいる。人それぞれだ。
校長
えー、入学おめでとう。
この学校は_______________________
校長が何かを言っているが、聞く気がない。
多分、聞いてなくても大丈夫だろう。
がたっ
学校生徒全員が立つ。
早く終われー。
飽きた…
校長
これで、入学式を終わります。
先生
先生
立って。
クラス全員
はいっ
先生
先生
行くよ。
歩いて教室に向かう。
やっと終わったー!
櫻田 拓也
櫻田 拓也
長かった。
You
You
だよねー。
もうお尻が痛い。
櫻田 拓也
櫻田 拓也
女の子が、お尻…
You
You
いーじゃん。
変なこと言ってるわけじゃないんだし。
櫻田 拓也
櫻田 拓也
そうか。
宮内 蘭
宮内 蘭
もー、ばかっ!