無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

美佳さんの家
美佳さんの家に到着しましたー!
You
You
で、でかい!
でかすぎるぅー。
家の十倍は軽くあるな。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
そう?
こんなもんでしょ。
You
You
いやいやいや。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
ま、入るよー。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
美佳です。
開けてもらえますか?
メイド
美佳様ですね。
どうぞお入り下さい。
え、もしかしてメイドさん?
メイド
おかえりなさいませ。
美佳様。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
ありがとう。
お兄様は?
メイド
奥の部屋にいらっしゃいます。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
分かったわ。
You
You
み、美佳さん凄すぎません?
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
まぁ、家のお父さんが社長だからね。
You
You
…もしかして、一ノ瀬財閥?
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
あ、そう。
よくしってるね。
一ノ瀬財閥って
You
You
日本一、二ぐらいの財閥じゃないですかー!
私こんな凄い人と話してたのか!
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
あ、ここ。
You
You
あ、美佳さんのお兄さん?
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
そう。
コンコン
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
美佳です。
入ってもよろしいですか?
かまわん。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
お久しぶりでございます。
お兄様。
この人が美佳さんの____?