無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

ありがと。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
怖くないといったら嘘になります。
一ノ瀬煌
一ノ瀬煌
…そうか。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
でも、感謝してるんです。
一ノ瀬煌
一ノ瀬煌
感謝?
何にだ?
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
助けてくれたことです。
一ノ瀬煌
一ノ瀬煌
妹を助けるのは当然だろう。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
いや、でも…
一ノ瀬煌
一ノ瀬煌
家族なんだから。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
…はい。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
私とこれから、仲の良い家族になってくれますか?
一ノ瀬煌
一ノ瀬煌
当たり前だ。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
ありがとうございます。
良かった…
You
You
腹治りましたー!
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
そう。
ありがとう。
You
You
何がでしょう。
山内一翔
山内一翔
美佳。
煌様、あなたさん、美佳連れてきます。
一ノ瀬煌
一ノ瀬煌
ああ。
You
You
え?
You
You
はい!
山内一翔
山内一翔
美佳?大丈夫か?
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
…何が。
山内一翔
山内一翔
来たときから、悲しそうじゃん。
例の男にでも振られた?
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
勘、相変わらず鋭いようで。
山内一翔
山内一翔
だから俺にしとけっていっただろ?
冗談だったけど。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
…忘れられなかったんだもん。
山内一翔
山内一翔
はいはい。
他に何か言いたいことは?
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
かなしいっ!
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
拓也の好きな人、分かってたけど、悲しい。
でも、その子のこと憎めないの。
山内一翔
山内一翔
はいはい。
山内一翔
山内一翔
美佳、帰ってこいよ。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
いや。
山内一翔
山内一翔
じゃあ、俺がいく。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
は!?
山内一翔
山内一翔
お前、家事ダメじゃん。
二人暮らししようぜ。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
よけいに嫌!
山内一翔
山内一翔
そんな口叩けるんなら大丈夫だよ。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
…なんか一翔には敵わない気がする。
山内一翔
山内一翔
だろうな。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
ひっどい!
…ありがと。
山内一翔
山内一翔
なーに?
もう一回。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
なんでもない!バーカ!
山内一翔
山内一翔
ごめんごめん。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
もー!知らない!
山内一翔
山内一翔
ごめんて。
山内一翔
山内一翔
本当に俺のものになればいいのに(小声)
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
え?何?
山内一翔
山内一翔
なーんでも。
戻ろうぜー。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
…はーい。
You
You
あ、美佳さぁーん!
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
あなた、明日帰ろうか。
You
You
え、でも、いいんですか?
せっかく仲良くなったのに。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
だから、だよ。
じゃ、明日帰るんで!
一ノ瀬煌
一ノ瀬煌
分かった。
山内一翔
山内一翔
おー、りょうかーい。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
よし、部屋戻ろうか。
You
You
はい。
*****
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
第一回女子トーク!
You
You
え!?急になんですか!?
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
やろやろー。
You
You
はい。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
で、なんで拓也くんのこと好きになったの?
You
You
へ!?
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
なーんーでー?
You
You
だって、美佳さんも…
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
そんなの忘れた!
You
You
じゃあ、気づいたのは最近です。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
だろうねー。
You
You
でも、多分、ずっと好きだったんだと思います。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
だろうねー。
You
You
なんでも分かってますね!?
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
うん。
You
You
ええ。
You
You
拓也とは幼稚園から同じで、いつも多くは喋らなかったんですけど、優しくて、だから、幼稚園ぐらいから好きだったんだと思います。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
へー。
You
You
気づかないようにしてたんです。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
なんで?
You
You
関係が崩れるのが嫌だったからです。
好きだって思ったら、拓也に恋する女の子じゃないですか。
You
You
それが、嫌だったんです。
拓也の特別でいたかった、幼馴染で。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
んー。
恋人になれば、特別じゃない?
え?そんな考え方が…
目から鱗…
You
You
本当ですね。
一ノ瀬 美佳
一ノ瀬 美佳
私の分も頑張ってよ。
You
You
はい!
これからの恋が辛くなってくなんてかんがえなかったんだ__________…