無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

6~~❕
ピピピピピピピピピピピピピピピ
あなた
ん…
ピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピ
あなた
うっせえ!!!!!!!!!!!!!!!!!
目覚ましの音が私の気持ちいいおねんね時間を邪魔してきました。はあ…これいっつもなんですよ。目覚ましブッ壊したろかな()
あ、昨日のLIMEはどうなったかって??
んーとねッッ
聞いて驚くなよ…………?









































通知音うるさかったので消音モードにして寝ましたよ((ドヤッ
てかてか!!!猫被り生活終わるんですよ!!!!!!最高!!!!!!!!
そんなこんなで機嫌がいいあなた________
軽々しく家の扉をあけて"スキップ"しながら学校まで
________________________





NEXT➫