無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

3~~❕
藤原フジワラ 彩華サエカ
いや~あの時やっぱあなたに喋りかけてよかったわぁ
あなた
そっかぁ‼それは良かった!私も喋りかけてくれて凄い嬉しかった~
________そう
あの時から半年たった.
カフェに行った日、沢山喋って(主に彩華)仲良くなり、今では親友とよべるほどに。
まぁでも猫かぶってるんですけどぅぅぅ☆((
てか、彩華かわいすぎるんだよね。まじで舐めt((強制終了
藤原フジワラ 彩華サエカ
てかさ、部活はいらないの?
あなた
ん~どーしよ。。彩華は何か入る?
はい、この通り私達は部活に入ってません☆つまり帰宅部♡あ、ちなエースだにょ
まぁでも?彩華が部活に入ったらその部活入るしかないだろぉぉっ☆なんで?え?は?彩華は?私が守らないとだめじゃん??当たり前でしょ???
フゥッッッッッヤァァァア!!!((殴
藤原フジワラ 彩華サエカ
なやみちゅ~!
あなた
そっかあ!私は楽しければどこでもいいかなぁ‼
藤原フジワラ 彩華サエカ
ッッ可愛い!!
お前g((
モブ
あなたの名字さん~👦さんに呼ばれてるよ~
あなた
あっ‼はーい!
藤原フジワラ 彩華サエカ
また告白じゃない?モテモテですなぁ((コソッ
は????耳で喋るとか??最高。
ぬへへへはふふ。あ、まぁ見ての通り私モテます((殴
猫かぶってるからです。はい。みんなに優しくしてたらこうなりました。
で、今頃きつくあたれなくなり、告白三昧🙃
呑気なことを考えている私
これから待ち受ける事には私の人生を大きく変えるなんて________
________思いもしなかった





NEXT➫