無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

8~~❕
あなたside
スキップしてたどり着いたのは門の前
生徒がぞろぞろと学校の中へ入っていくところに彩華もいた.
彩華は私に気づくと駆け寄ってきて________
藤原フジワラ 彩華サエカ
ねえ!?!?昨日のどういうこと!?!?
すんごい大声で昨日の事を聞かれた.
あぁ。今日も…………彩華がかわいい。でも✗✗君…………君が一番カワイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ
あなた
あーw昨日の事はーそのーLIMEしたとおりだよwてか、彩華かわいいね。うん。最高。
…………薄々気づいていたが周りの視線が痛い()
視線の理由は多分だか、昨日の発言。そして彩華が大声を出したこと。
モブ
あなたの名字さんって今まで猫かぶってたんだ…
モブ
俺あなたの名字のこと好きだったんだけど……???え?(困惑)
モブ
表の性格に騙されて告白した男子かわいそ。
モブ
えーでも私は猫かぶってないときのLIMEすき
藤原フジワラ 彩華サエカ
……………?(困惑)
困惑してる人、妬みや嫉妬で陰口を言う人。良く思ってくれる人。
沢山の人に視線を向けられている。
そして________
私はこの中で






















あなた
✗✗しか勝たんわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
________叫んだ





NEXT➫